ピーシーコックストップページ PCCOX日本販売株式会社について コーキングガン検索 コーキングガンの使用方法 コックス・コーキングガンについてのよくあるご質問 代理店・販売店紹介 お問合せ/お見積り
代理店・販売店のご紹介
イギリス本社のホームページ
PCCOXについてに関するQ&A コーキングガン全般に関するQ&A
2成分形材料用コーキングガンに関するQ&A 手動式コーキングガンに関するQ&A
エアー圧式コーキングガンに関するQ&A 充電バッテリー式電動コーキングガンに関するQ&A
シーリング材についてに関するQ&A
エアフローガン(エアーコーキングガン)のキャップの部分からエアーが漏れるのですが。
キャップは最後までキチンと閉まっていますか?緩くならないようキチンとキャップを締めて下さい。
エアフローガン3(Airflow3)とジェットフローガン3(Jetflow3)の違いは何ですか?
同じコンプレッサーを使用してシーリング材を押し出すエアー圧式コーキングガンです。
エアフローガン3:ビード施工(真っ直ぐの線状)の施工のみ。
ジェットフローガン3:シーリング材のスプレー吹き付け施工が可能です。
コンプレッサーの最大使用可能エアー注入圧は?
最大10barまで使用可能です。(10bar=1MPa)
ジェットフローガン3(Jetflow3)の吹き付けが上手く出来ません。
考えられる理由として、
@適切な材料をご使用ですか?(粘度が高すぎる、容器サイズが合っていない)
Aエアーの供給は十分足りていますか?(6.8MPa以上のエアー供給が必要です。)
Bキャップはきちんと閉まっていますか?(キャップが閉まっていないとエアーが漏れ吹き付けが出来ない場合があります。)
Cノズルは適切にセットされていますか?(専用のインナーノズルとアウターノズルが必要です。)
D設定は吹き付けの設定になっていますか?先端部分がビード施工の設定になっていると吹き付けが出来ません。